忍者ブログ


10

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


週足ベースではラインが一目釣り合い表の一転線に面合わせしており、今後はこの一転線を下抜けできるか注目されます。日足の始値ベースで下抜ける場合は、中期幅マーケットの下値である、140円がヴィジョンに入ってきます。

テクニカル分析は買われ過ぎ圏から低上に転じ、新値足が陰一転したことで低上リスクが高まってきました。目先は先行スパン雲上値やベース線を上抜けてさらに低上できるか注目されます。

 

PR

それにより、140円や9月低値を死守した様子です。テクニカル分析は中段保ち合い圏下値で遷移し、新値足はゴールデンクロス継続となっています。目先は一目釣り合い表の一転線を下抜けできるか注目されます。

先月低値を下抜けたことで目先はマインド的底値に145円がヴィジョンに入ってきます。多勢の流れが下落流れだけに週足ベースで一目釣り合い表の先行スパン雲下値を下抜けると140円までの低下もヴィジョンに入ってきます。

 

ドル円マーケットはアメリカがブレジデンツ・デイで休場だったことで商いは閑散、方針感の乏しい状況が続きました。ただ、天井では一目釣り合い表の一転線がレジスタンスとして機能しており、テクニカル分析の急騰鈍化や新値足の陰一転を考慮すると、低下リスクが高まってきているようです。目先は急騰フラッグから低下となるか注目されます。釣り合い表の一転線を復帰するまでは低下リスクは払拭されないでしょう。

リラ円の天井は150.30円、底値では149.28円でこの日の値幅は102pipsです。天井では一目釣り合い表の先行スパンがレジスタンスとして注意され、底値ではベース線が底値として注意されています。テクニカル分析は下落トレンドにあり、新値足は陰転1手目を継続。

 


ラインは141円前半がレジスタンスになっており、ペナントを形成しています。ストキャは売られ過ぎ圏で指数密集圏を形成していますが、新値足は陽一転しています。

テクニカル分析は売られ過ぎ圏でクロスオーバーとなり、過熱感が出始めていると考えられます。また、新値足では陰転5手目を形成しており、ゴールデンクロスの可能性が高まってきました。以上のことを考慮すると、ラインが釣り合い表の転感線を上抜けできれば、テクニカル分析や新値足に買い指標が点滅するため、急騰期待が高まってきます。

 

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts